©2021 SENJIRO

2020年より始動した“はさがけ”をシンボルに新潟県新発田市より発信するこだわり農業

〒959-2303
新潟県新発田市切梅
CONTACT
MAP

無農薬に挑戦!

2021/5/29




最近の米作りでは、『減農薬』が当たり前で、仙次郎も減農薬栽培をしています。

が、今年は一部の田んぼだけ、完全無農薬にチャレンジします!

農薬には、「除草」を目的にしたものと、「害虫対策」を目的にしたものの大きく分けて2種類があります。
草が育つと、稲が成長するための栄養を吸われることで、稲株が細くなり収穫量に影響します。
虫は、稲を食べてしまうものや米の品質を下げてしまうものがいるので、予防をしています。

農薬を使わずに栽培するということは、「草」と「虫」との戦いです!!


「無農薬栽培」の最初の戦いは草でした。

田植えを終えて、1週間。
まだ目で確認できるような草は生えていませんが、根がちょろっとだけ伸びた種を取っていきます。


使った道具は、「中野式除草機」です。
栃木で無農薬栽培の先輩が作られた除草機を持って、とろとろの田んぼの中を一歩ずつ歩きます。

稲の株と株の間を除草機をシャカシャカしながら進むだけ。
すると、土がかき混ぜられて、黒い小さな種が水面にふわっと浮いてくる!それを編みで掬っていきます。 条間(縦列)と株間(横列)どちらも行います。



8~9畝ほどの田んぼなのですが、丸々1日田んぼの中を歩きました。すっかりへとへとです。
たくさん草が生えたら悲しいなー。収穫までドキドキです。