©2021 SENJIRO

2020年より始動した“はさがけ”をシンボルに新潟県新発田市より発信するこだわり農業

〒959-2303
新潟県新発田市切梅
CONTACT
MAP

脱穀

2021/10/7




今年は、天候に恵まれて晴れの日続きだったので、
はさがけしてから1週間程度で、十分乾燥しました!

稲架(はさ)から稲を下ろして、ハーベスター(脱穀機)で脱穀していきます。
籾のついた側を機械に通すと、籾のない藁の状態になって出てきます。


“籾のついている稲”と“籾の外れた藁”


外れた籾は、袋に貯まっていきます。



通常のはさがけは、これで終了。
ですが、仙次郎では、
少しでも長くはさがけの姿を見ていただき、愉しんでいただくために
脱穀を終えた藁も架け戻していきます。